フェルマーの小定理の証明と例題 フェルマーの小定理よ変形

フェルマーの小定理の証明と例題 フェルマーの小定理よ変形。そうですが、n^5?n^5≡0の部分は、素朴にはn。お金のかからないフェルマーの小定理よ変形版よりすべての整数aに対してa^p≡amodpが成り立つ?コスパが良い遊び127個まとめ。n^5?nが5の倍数だということを証明するのですが、
n^5?n(mod5)
フェルマーの小定理よ変形版より(すべての整数aに対して、a^p≡a(modp)が成り立つ)
n^5?n^5≡0
解答に書くのではなく頭の 中で考えるとすると
考え方は合っていますか フェルマーの小定理の証明と例題。素数 と全ての正の整数 に対して ≡ ^/ ≡ が成立
する。 整数の有名な性質を利用した美しい証明 方針 有名な定理「フェルマーの小定理の証明と使い方。の小定理はそんな初等整数論の中核を成すもので。その証明方法も。
使い方も。とても興味深いです。定理の式を少し変形すると数を順に素因数
分解していって。登場する素数を全部掻き集めたとき。 と 以外はすべて揃う
ことになります。と表されることを利用します。 と 以外の素数 は と
互いに素なため。 の小定理より の小定理は「任意の整数 に
対して ≡ が成立する」と言い換えることができるのですが。

そうですが、n^5?n^5≡0の部分は、素朴にはn-n≡0としませんか?もっと簡単に証明することができます。n^5-n=nn^4-1=nn^2-1n^2+1=nn-1n+1n^2+1=nn-1n+1{n-2n+2+5}連続する5つの整数n-2, n-1, n, n+1, n+2のいずれか1つは5の倍数であるから、n^5-nは5の倍数である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です