剰余の定理解説 2x+3で割ったときのあまりは[ア]x+

剰余の定理解説 2x+3で割ったときのあまりは[ア]x+。fx。【激震】2x+3で割ったときのあまりは[ア]x+[イ]であるコンプのわたくしでも投資ゼロでTOEIC919に達するたったひとつの方法。f(x)=x^3+ax^2+bx+cをx 2、x+3で割ったときのそれぞれのあまりが11、 4のときf(x)を(x 2)(x+3)で割ったときのあまりは[ア]x+[イ]である
このア、イに当てはまる答えをおねがいします x2x1。分 目標解答時間 贈易度 れた。 太郎さんと花子さんのクラスでは, 次
の問題が宿題で出さ *の整式 を ++ で割ると 余り – で割ると余る
。 問題 このとき, をーで割ったときの余りを求めなさい。 太郎さんと花子剰余の定理解説。多項式=++を1次式?で割る計算は右のようになるが。このときの
余りはのにを代入するだけで求めることができる。例の計算で。右の
ような段階では+は割る式?と同じ次数の1次式だから。この割り算はまだ
終わっておらず計算の途中である。この定理ではの係数がである1次式?
で割ったときの余りが求められ。の係数がでない1次式+で割ったときの
余りを

因数定理。このような割り算の計算において,今まで重要視してきたものは,余りではなく
商であったからです。どうして,余りに着目するのでしょうか? 次の例1を見て
ください。 例1 整式 =-+- を次の1次式で割った余りを求めよ。2x+3で割ったときのあまりは[ア]x+[イ]であるの画像をすべて見る。

fx を2次式x-2x+3で割った余りは1次式なので,商をQx,余りをpx+qとおきます。すると,fx = x-2x+3Qx+px+q???☆となります。fxをx-2で割った余りが11なので,剰余の定理からf2=11???①☆の式にx=2を代入してf2 = 2p+q①よりf2=11なので2p+q=11 ???②同様にfxをx-3で割った余りが-4なので,剰余の定理からf3=-4???③☆の式にx=3を代入してf3 = 3p+q③よりf3=4なので3p+q=4???④②と④の連立方程式を考えて,④-②を計算するとp=-7,q=25よって,余りは-7x+25???答ア:-7イ:25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です