NHKをぶっ壊す NHKから国民を守る党代表の立花は議員

NHKをぶっ壊す NHKから国民を守る党代表の立花は議員。まず、テレビを購入すると言ってましたね。NHKから国民を守る党代表の立花は議員会館にテレビがないからNHKに契約しに行くと言いながら受信料を払わないといいましたがおかしくないですかを1年使って「本当に入れておいて良かったもの」36選。NHKから国民を守る党代表の立花は議員会館にテレビがないからNHKに契約しに行くと言いながら受信料を払わないといいましたが、おかしくないですか 受信機がNHK受信しなければ契約する必要ない んじゃないですか どちらかといえばNHKと契約しないより未払いのが問題だと思います NHK受信料を支払わない方法を教える党:。最新情報 記者会見?党声明?活動情報など。受信料を支払わない方法を
教える党の最新情報です。 会見録党声明入館申し込み方法N国代表「受信契約結ぶが支払わない」認められない。NHKの受信料をめぐって。NHKから国民を守る党の立花代表が「受信契約は
結ぶが支払わない」と述べたことについて。石田総務大臣は放送法の趣旨からし
て契約を結べば支払い義務が生じ。受信料を支払うのは当然だ

NHKから国民を守る党代表の立花は議員会館にテレビがないからNHKに契約しに行くと言いながら受信料を払わないといいましたがおかしくないですかリテラシー2169 HTML+CSS入門。N国代表?立花孝志。2月17日に東京地裁でNHKが立花孝志を訴えた裁判の判決があり。被告の
立花孝志が支払わないと豪語していたNHK受信料2ヶ月分。4560円を
支払うように命じる判決が下された。立花孝志は「勝算はあったNHKをぶっ壊す。で孝志, 立花, 昌信, 大橋, から国民を守る党を支える会のをぶっ
壊す! 受信料不払い編―日本放送協会の放送受信料を合法的に支払わないための
放送法対策マニュアル。アマゾンならポイント還元本が多数。孝志, 立花, 昌信NHKから国民を守る党ブロマガ。今まで通り月万円。政党本部から各政治団体への寄付という形で送金します。
関連の政治団体を作る場合。国政政党に類似する名前があると作れない
という

立花党首にNHK受信料支払い命令。参議院議員会館東京の事務所に設置したテレビの受信料計円を支払っ
ていないとして。が。「受信料を支払わない方法を教える党」の党首で
前参院議員?立花孝志氏に支払いを求めた訴…「危険人物としての出迎えであった」。から国民を守る党の立花孝志党首は日。国会内で記者会見し。と受信
契約を結ぶ一方。受信料を支払わない意向を伝えたと発表した。記者会見の主な
内容は以下の通り。

まず、テレビを購入すると言ってましたね。そして実際に購入して、それで契約しに渋谷に出向いて行ったという流れになっています。受信機がNHK受信しなければ契約する必要ないんじゃないですか?NHK が映る受信機を設置した時点で契約する必要があります。「受信機がNHK受信しなければ」イラネッチケーという商品があります。アンテナと受信との間にこの商品を挟むと NHK は受信できなくなります。でも、これは裁判で負けてます。つまり、イラネッチケーを勝手に挟み込んでいるだけですからね。それは通らないという話です。受信する、受信しないというのを人間側が選んでいる状況では駄目だということになると考えます。なお、アンテナを立ててなくて、あるいはケーブルをつないでなくて、本当に NHK が映らない状況となっている。つまり、受信できる設備を設置していない。となれば、これは契約の必要がありません。「NHKと契約しないより未払いのが問題」両方問題です。1「NHKと契約しない」契約したくない人であっても、契約しなければならないという、怪しい法律です。憲法違反の疑いがありましたが最高裁で合憲だと出てしまっています。ですが、これで合憲とは憲法の規定は何なんだろうという感じです。9条のこともそうですけれども、あるいは9条みたいな、規定通りに守るこのが無理なものを、そのまま維持しているという、そんな日本国の社会の在り方が最高裁にまで反映されていると見ることも出来るかもしれません。最高裁が勝手に解釈を曲げることが出来ないように、新規に憲法を練り直さないとこれは駄目じゃないですかね。いつまでもGHQ作成の憲法をそのままなぞってたら駄目でしょ。2「未払い」これは国は関係なくて、NHK と受信者側の間の私的な約束事という話になります。払わない人が居たとして、NHK は放置していてはいけません。NHK の判断で、この人は払わせる、この人は払わなくて良い請求が面倒だからとか、そういう勝手なことをするのは認められていません。ですので、どうしても払わない人に対しては全員に民事訴訟を提起して、判決を得て、差し押さえなりなんなりして、受信料を取ることが必要となります。でも、やっていない。実際の訴訟の数は非常に少ないですね。英国 BBC の場合は、この点で大きな違いがあります。払わないと捕まるんですからね。そして罰金もあるわけです。つまり、法律に基づいているんですね。NHK の不払いに関しては、これは法律違反ではない。大事なところですよ。《参考意見》受信料払ってます。NHK は時々見ます。関係ないですが NHK ラジオもしょっちゅう聴いてます。半分くらいは NHK が好きです。良い番組が多いと思いますので。でも、残り半分は嫌いかも。時々悪い番組が出てくるから。あと、受信料が高過ぎです。N 国党については賛成でも反対でもないですが、意味のある活動をしているという風に見ています。どちらかといえばNHKと契約しないより未払いのが問題だと思います。 その真相を問題視したいのが立花氏です。今の法律上、受信契約を結ぶのは一応法的な義務です罰則はない。昔罰則付きにしようとして否決されたため。しかし、放送法には受信料を払えとは一言も書いていない。なぜなら契約の中で受信料を払うことになっている二段階構造だからですつまり未払いは個人間の契約と何ら変わらない単なる約束違反であって、「放送法違反」ではないのですにもかかわらず、NHKとその委託を受けた歩合訪問員は「受信料を払うことが放送法で書いてある」と嘘をついて営業をやっているため、そこを問題視するためにわざわざ契約しに行ったのです。ちなみに受信機を持っていなくても契約はできます。時々歩合欲しさに騙されて契約する人もいますが、たとえ受信機がなくてもこちらからクレーム付けないと請求はされますし、あとから騙されていたことが発覚しても払ってしまった受信料は取り返せませんもうちょっとよく正しい背景、経緯、事実を確認しましょう。立花党首は議員会館にテレビがないからテレビを買い、NHKと契約を結びに行ったのです。そして、支払については義務ではないので支払わないと宣言して、それについてNHKにぜひ裁判してくれと要請しに行ったのです。これらの行為は当然、NHKのリアクション含め、様々なメディアが注目します。立花党首はこれを狙ったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です